「ラジオデイズ」は声と語りのダウンロードサイトです。オリジナル収録の落語、朗読、対談を中心とした音声コンテンツをご提供しています。

ラジオデイズの歩き方
詳しく見る

HOME / アーティストプロフィール / 平出隆

アーティストプロフィール

現在:883

平出隆(ひらいでたかし)

平出隆(ひらいでたかし)

詩人・多摩美術大学教授

1950年生まれ、福岡県門司市出身。一橋大学在学中に雑誌「ユリイカ」に詩と詩論を発表。みずから版元・書紀書林を構え、詩誌「書紀」や「書紀=紀」を刊行、70年代の詩的ラディカリズムの一方の極となる。1982年詩集『胡桃の戦意のために』で芸術選奨文部大臣新人賞。1993年、散文集『左手日記例言』で読売文学賞。2003年、小説『猫の客』で木山捷平文学賞受賞。『ベルリンの瞬間』で紀行文学大賞。2004年、評伝『伊良子清白』で芸術選奨文部科学大臣賞。同書は自身で装幀も行い、2005年春ライプチヒでの国際ブックフェアにおける「世界でもっとも美しい本」賞の候補となった。1985年、アイオワ大学の招待詩人として渡米。1998-99年、ベルリン自由大学客員教授。2005年、大江健三郎と共にオーストリアの文学祭Sprachsalzに参加。2006年春、人類学者の中沢新一を多摩美術大学に招聘、ともに芸術人類学研究所を開所し、芸術学科の刷新を行なう。野球好きで『ベースボールの詩学』『ウィリアム・ブレイクのバット』『白球礼賛』などの野球論も多く、自らが率いる草野球チームの監督兼三塁手として毎年65試合に出場するという。

このアーティストの作品 全2件 1-2を表示

試聴 タイトル 出演者名 価格

声のエッセイ

18.猫 ―しっぽを持った謎 (原作 長谷川四…

    平出隆
¥720

声のエッセイ

17.野球 ―白球のダイアローグ (原作 宮沢…

    平出隆
¥720

楽天会員IDで簡単決済!楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

ページの先頭へ

 の検索結果  

試聴 カテゴリ タイトル 出演者名 価格

ウインドウを閉じる