「ラジオデイズ」は声と語りのダウンロードサイトです。オリジナル収録の落語、朗読、対談を中心とした音声コンテンツをご提供しています。

ラジオデイズの歩き方
詳しく見る

HOME / アーティストプロフィール / 竹西寛子

アーティストプロフィール

現在:880

竹西寛子(たけにしひろこ)

竹西寛子(たけにしひろこ)

小説家・文芸評論家

1929年生ま
広島に生まれ、敗戦を迎える。国文科を卒業後、河出書房や筑摩書房で現代及び古典の文学全集の編集に従事。64年、評論集『往還の記』を刊行、田村俊子賞を受く。殆ど同じ頃から書き始めた小説でも各種の賞を受賞。古典を論じてはあやまたず対象に肉迫し、小説の筆を執ればことに短編に抜群の冴えを見せ、しだいに広汎な読者の支持を得るようになった。随筆の人気も高い。主著に、『式子内親王・永福門院』『源氏物語論』『山川登美子「明星」の歌人』『鶴』『兵隊宿』『管弦祭』『道づれのない旅』『古寺巡礼京都』『ものに逢える日』などがある。最新刊は、『言葉を恃む』(2008年 岩波書店)。
(以上、作品社刊『日本の名随筆』第65巻 竹西寛子編「桜」より)

このアーティストの作品 全1件 1-1を表示

試聴 タイトル 出演者名 価格

声のエッセイ

19.桜 ―燃える生命の樹 (原作 薄田泣菫、…

    竹西寛子
¥720

楽天会員IDで簡単決済!楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

ページの先頭へ

 の検索結果  

試聴 カテゴリ タイトル 出演者名 価格

ウインドウを閉じる