「ラジオデイズ」は声と語りのダウンロードサイトです。オリジナル収録の落語、朗読、対談を中心とした音声コンテンツをご提供しています。

ラジオデイズの歩き方
詳しく見る

HOME / アーティストプロフィール / 野間宏

アーティストプロフィール

現在:883

野間宏(のまひろし)

野間宏(のまひろし)

小説家

1915~91 小説家
親鸞を奉じて在家仏教の一派を開いた父の影響で、幼時より仏教に深い関心を持つ。32年、詩人の竹内勝太郎(35年死去)に出会い、傾倒。以後、文学の道を志す。代表的作品に『真空地帯』『わが塔はそこに立つ』、完成に17年をかけた大作『青年の環』のほか、評論『サルトル論』『狭山裁判』『親鸞』、詩集『忍耐づよい鳥』などがある。収録作(「自分を爆破する書物」)は60年4月の発表である。
▽「自分を爆破する書物」は、『野間宏全集 第二一巻』(1970.5 筑摩書房)より
〈以上、作品社刊『日本の名随筆』本巻36 井伏鱒二編「読」より〉

このアーティストの作品 全0件 0-0を表示

試聴 タイトル 出演者名 価格

楽天会員IDで簡単決済!楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

ページの先頭へ

 の検索結果  

試聴 カテゴリ タイトル 出演者名 価格

ウインドウを閉じる