「ラジオデイズ」は声と語りのダウンロードサイトです。オリジナル収録の落語、朗読、対談を中心とした音声コンテンツをご提供しています。

ラジオデイズの歩き方
詳しく見る

HOME / 対談・講演 / 岡野眞治×津田大介『岡野眞治「はかるひと」60年の今』(2/2)

ラジ街/ラジ街プラス1

ラジオの街で逢いましょう 第243回

岡野眞治×津田大介『岡野眞治「はかるひと」60年の今』(2/2)

岡野眞治(放射能測定研究者) 津田大介(ジャーナリスト)

価格:¥360

収録時間 :
31:56
データ形式 :
MP3
データ容量 :
29.3MB
提供元 :
株式会社ラジオカフェ
リリース日 :
11年11月30日
カテゴリ :
ラジ街/ラジ街プラス1

「ラジオの街で逢いましょう」Ust生配信

ゲスト 岡野眞治
ホスト 津田大介(@tsuda
アシスタント 浜菜みやこ (@hamamii )

原発事故から二ヶ月経って放送された『ネットワークで作る放射能汚染地図』をご覧になった方は多いのではないだろうか。放射能汚染が国の想定した20キロ、30キロという同心円では決してなく、まだらにホットスポットが点在していること、放射能が流れ落ちた地域へわざわざ避難して暮らした人々の姿や動物や田畑とともに暮らして来た人々の無念が浮き彫りになった。

その番組で、木村真三氏(放射線衛生学研究者・独協大学准教授)とともに、4月末から福島2000キロを走破し、先生が開発された、現地の映像とスペクトロメーターが連動する装置で詳細な汚染地図を作り上げた。

同行したNHK取材班のデイレクターは、先生のことを「はかるひと」と評する。原発事故から1月後のある日、先生とNHK取材班は、通常の1300倍の強い放射能が観測される福島原発の一号機正門前で、ガードマンと相対した。
怒鳴られ、すっかり萎縮して沈黙する取材班に84歳を超える岡野先生が、いつもと変わらぬ声で言われたそうだ。
「中に入れそうかなぁ?」
放射能測定器から目を放さない老科学者は、このまま原発構内に入って計測を続けようと意気軒昂だったそうだ。

「はかるひと」岡野先生の口癖は、「行ってみなけりゃわからない、はかってみなけりゃわからない」。

今回、60年間一日も欠かさず放射能を測定なさっている鎌倉のご自宅へ伺い、先生の測定ルームを拝見。

また、さまざまな測定器を比べたり、内部被曝量を先生のスペクトロメーターで測りなから、「放射能とのつきあいかた」を伝授していただいた。

測定器を持っていざ測ってみても、その数値をどう判断すればよいかわからなくなる。基準値より高高ければどうしたらいいのか。測定値についての考察や判断は、もはや日々の生活についてまわり、時に疲労感が押し寄せる。我々は、放射能と日々つきあって生きて行かねばならない。まるで、究極の毒をまかれたような、絶望感が時に気持ちを覆う。そんな中、この不安から解放され、ともに行きて行く手だてをみつけるには、まずは放射能とは何かを知らねばならない。
 測定器が測定した放射線の中身は何か。
 核種の性質や線の強さ、自然放射能の存在、
 正しい測定の仕方、判断のしかた、心構え……。

今後早急に、こうした放射能測定リテラシーの確立が求められるだろう。
その先導を、科学者として豊かな経験と深い知恵を持つ岡野眞治先生に伺うことができた。

情報の海には多くの魚が浮かんでいて、いったいどれを釣ればよいのかわからなくなる。名人は、食べられる魚と釣り方をよく知っている。その知恵を持つ目利きこそが、今、必要なのだということを、岡野先生の姿は物語っている。

※このコンテンツは常にノイズが流れていますが、これは岡野先生のご自宅にあるスペクトルメーターがカウントしている音です。お聞き苦しい点があるかと思いますが、あらかじめご了承ください。

 

番組の前半はこちらでお聴き下さい!!(無料です)
http://www.radiodays.jp/item/show/200831

今後も番組へのご意見募集中。メールで「i@radimachi」若しくはツイートで「@radimachi」宛へお寄せください。


携帯電話・スマートフォン(iPhone、Xperia等)、通信機能内蔵タブレット(iPad、GALAPAGOS等)、通信機能内蔵音楽プレーヤー(iPodTouch等)等へは「ダウンロード及び保存」はできません。お手数ですがパソコンでダウンロード後、お手持ちのデバイスへ同期頂き、お楽しみください。

まだレビューはありません

投稿する

岡野眞治(おかのまさはる)

放射能測定研究者

1926年神奈川県鎌倉市生まれ。45年、電波科学専門学校(現東海大学)に入学。48年、科学研究所(現理化学研究所)に入所。ペニシリンの研究、毒物の研究を経て、放射能測定の研究の道に入る。科学技術長官賞を二度受賞。60年にわたって、ビキニ環礁、チェルノブイリ、原子力艦の放射能漏洩を探るため佐世保や横須賀へ、そして福島へと、日本に留まらず各地の放射線状況をご自身が開発した測定器で詳しく調査、測定。業績は世界的に高く評価されている。

このアーティストの作品(全2件)

試聴 タイトル 出演者名 価格

ラジオの街で逢いましょう 第243回

岡野眞治×津田大介『岡野眞治「はかるひと」60…

  • 岡野眞治
  • 津田大介
¥360

ラジオの街で逢いましょう 第243回

岡野眞治×津田大介『岡野眞治「はかるひと」60…

  • 岡野眞治
  • 津田大介
無料

一覧を見る

津田大介(つだだいすけ)

ジャーナリスト

メディアジャーナリスト。

1973年、東京生まれ。大学在学中よりライターとして、また個人運営のニュースサイト「音楽配信メモ」を立ち上げ、コメンテーターとしても活動。文科系トークラジオLifeのパーソナリティも担当。

2007年現在のインターネットユーザー協会を設立。早稲田大学大学院政治学研究科非常勤講師。Twitter実況を意味する「Tsudaる」元祖。

東日本大震災後、関連の情報を精力的に集め、178000人のフォロワーに発信し続けている。

著書に『情報の呼吸法 (アイデアインク)』『Twitter社会論 - 新たなリアルタイム・ウェブの潮流』、共著に『未来型サバイバル音楽論 - USTREAM、twitterは何を変えたのか』ほか。

公式サイト:音楽配信メモ(http://xtc.bz/
Twitter ID:@tsuda
Ustチャンネル:http://www.ustream.tv/channel/tsudacast

  

このアーティストの作品(全23件)

試聴 タイトル 出演者名 価格

ラジオデイズ スペシャルトークイベント

日本が危ない ―フェイクニュースを暴け2 (全…

  • 小田嶋隆
  • 安田浩一
¥515

ラジオの街で逢いましょう 第277回

鎌仲ひとみ×津田大介「内部被曝とは何か」(全巻…

  • 鎌仲ひとみ
  • 津田大介
¥360

ラジオの街で逢いましょう 第273回

白石草×津田大介「社会の小さな声を伝えたい」(…

  • 白石 草
  • 津田大介
¥360

ラジオの街で逢いましょう 第267回

町山広美×津田大介「テレビの未来」(全巻セット…

  • 町山広美
  • 津田大介
¥360

ラジオの街で逢いましょう 第265回

開沼博×津田大介 カタカナ「フクシマ」の意味(…

  • 開沼博
  • 津田大介
¥360

一覧を見る

購入の流れ

STEP1
作品を選んでカートに入れる
STEP2
購入手続き・お支払い
STEP3
作品をDL入手する

作品の聞き方

パソコンで聞く

DLした音声ファイルは、ダブルクリックするとWindows media Player や iTunesなどの再生プレイヤーで再生されます。プレイヤーがインストールされていない場合は、下記より最新版を無料でDLすることができます。

iPod / Voice-Trec / Walkman / 携帯電話などで持ち歩く

iPod :
iTunesを利用します。詳しくは iTunesチュートリアル
オリンパス Voice-Trec :
Windows media Player を利用します。バージョン 9 はこちら / 11 はこちら
SONY Walkman :
SonicStageなどを利用します。詳しくは SONY サポート
携帯電話 :
機種により対応・操作方法が異なります。詳しくは各説明書をご覧ください。

この作品を購入する

価格:¥360

カートに入れる

お気に入りに追加

店長からのお知らせ

[対談・講演]

RSS

7月24日(金)
万葉の妻の娘たち
7月17日(金)
浮世絵は裏を読む

一覧を見る

ラジオデイズ注目キーワード

ページの先頭へ

 の検索結果  

試聴 カテゴリ タイトル 出演者名 価格

ウインドウを閉じる