「ラジオデイズ」は声と語りのダウンロードサイトです。オリジナル収録の落語、朗読、対談を中心とした音声コンテンツをご提供しています。

ラジオデイズの歩き方
詳しく見る

HOME / アーティストプロフィール / 高野てるみ

アーティストプロフィール

現在:881

高野てるみ(たかのてるみ)

高野てるみ(たかのてるみ)

映画プロデューサー

美大卒業後、新聞記者を経てフリーライターに。「anan」など女性誌を中心に活動。エディターとしても「とらばーゆ」や「ViVi」の創刊のブレーンとなり、関わる。ファッション、音楽、映画を主軸に、各ジャンルで活躍中のオピニオン・リーダーの方々のインタビューを得意としてきた。 1985年、広告や雑誌の企画制作をする株式会社TPOを設立。代表取締役・エディトリアル・プロデューサーとなる。 大手企業PR誌、企業記事体広告などを中心に、宣伝業務、CF制作、イベント,講演、セミナーの企画・制作と、幅広く活動。87年にはフランス映画を中心としたヨ ーロッパ映画の輸入配給会社、巴里映画を設立。 雑誌メディアのネットワークを武器として、カンヌ映画祭などで話題となった映画作品を買いつけ、話題作りをし、世に出す仕事を進める。 92年、日仏合作作品、ヴィルジニ・テブネ監督の「サム・サフィ」では日本側 のプロデューサーとなり、数多くのヒットメーキングの技を発揮、ミニシアター系映画興行の新たなマーケットを開拓し、その後もアート作品、文化度の高い作品を世に送り出していく。 新人監督作品の発掘にも力を注ぎ、ニュージーランドのハリー・シンクレア監督作品 「TOPLESS」「ミルクのお値段」「猫は何でも知っている」などを続けて配給。 「ミルクのお値段」は日・韓の両ファンタスティック映画祭でグランプリに輝いた。08年のカンヌ映画祭には現在進行中の日・仏合作作品「DAZAI」製作に支援する経済産業省の招聘で参加。出資や制作の促進を果たした。07年4月より文京学院大学で「アニメーション論」の特別講師も務める。
編著書として「映画配給プロデューサーになる!」(CWS共編著/メタローグ刊)、華道家假屋崎省吾氏の20作目にして初のエッセイ集「カリスマ・カーリーの幸せの美学」(2007年10月26日マガジンハウス刊)、「女を磨く ココ・シャネルの言葉」(2010年1月28日マガジンハウス刊)の編著がある。

このアーティストの作品 全3件 1-3を表示

試聴 タイトル 出演者名 価格

朝カルArchive

女を磨くココ・シャネルの言葉と生き方(2/2)

    高野てるみ
¥617

朝カルArchive

女を磨くココ・シャネルの言葉と生き方(全巻セッ…

    高野てるみ
¥1,029

朝カルArchive

女を磨くココ・シャネルの言葉と生き方(1/2)

    高野てるみ
¥617

楽天会員IDで簡単決済!楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

ページの先頭へ

 の検索結果  

試聴 カテゴリ タイトル 出演者名 価格

ウインドウを閉じる