「ラジオデイズ」は声と語りのダウンロードサイトです。オリジナル収録の落語、朗読、対談を中心とした音声コンテンツをご提供しています。

ラジオデイズの歩き方
詳しく見る

HOME / アーティストプロフィール / 松本清張

アーティストプロフィール

現在:883

松本清張(まつもとせいちょう)

松本清張(まつもとせいちょう)

作家

1909年12月21日~1992年8月4日

福岡県下関に育ち、不安定な幼少期を送る。印刷所などを経て朝日新聞本社の広告部で宣伝美術の職に就くが、教育招集により一時衛生兵として朝鮮に渡る。朝日新聞社時代、『西郷札』が直木賞候補となる。『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞した後、新聞社を辞め作家活動に入る。推理小説からノンフィクション、歴史論、評論と手がけた作品の幅は広く、また多作であった。『点と線』、『砂の器』、『張込み』、『天城越え』、『黒革の手帳』など多くがテレビドラマ化され国民的人気を博す一方、『日本の黒い霧』など社会派の作品群も高い評価を受け、『昭和史発掘』で菊池寛賞、吉川英治文学賞を受賞。

このアーティストの作品 全1件 1-1を表示

試聴 タイトル 出演者名 価格

文藝春秋 文化講演会シリーズ

菊池寛の文学

    松本清張
¥540

楽天会員IDで簡単決済!楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

ページの先頭へ

 の検索結果  

試聴 カテゴリ タイトル 出演者名 価格

ウインドウを閉じる