「ラジオデイズ」は声と語りのダウンロードサイトです。オリジナル収録の落語、朗読、対談を中心とした音声コンテンツをご提供しています。

ラジオデイズの歩き方
詳しく見る

HOME / アーティストプロフィール / 三島由紀夫

アーティストプロフィール

現在:883

三島由紀夫(みしまゆきお)

三島由紀夫(みしまゆきお)

作家

1925年、東京市四谷生まれ。幼少の頃から元藩主の血を引く祖母に養育される。学習院初等科高学年になると同学友誌『輔仁会雑誌』に詩や俳句を発表。38年同誌に最初の短編小説『酸模(すかんぼ)-秋彦の幼き思ひ出』と『座禅物語』を発表。41年、小説『花ざかりの森』を初めて三島由紀夫の名で同人誌『文芸文化』に発表。日本浪漫派の文人たちと交友を始める。翌年、同人誌『赤絵』を創刊(2号で廃刊)。高等科を首席卒業し、昭和天皇より恩賜の銀時計を拝領。父の勧めで東京帝国大学法学部に入学。第二次大戦中は召集令状を受け取るが、二度まで入隊検査ではねられ、『中世』『岬にての物語』を執筆。47年、大蔵省事務官となるが、翌年退職して作家業に専念。49年の『仮面の告白』以来、『愛の渇き』『青の時代』『禁色』と華麗な文体による話題作を次々発表し戦後文学の旗手となる。55年頃からボディビルを始め「肉体改造」「文体改造」に取り組む一方、『潮騒』『金閣寺』『美徳のよろめき』などベストセラー小説を連発。58年結婚し、大田区南馬込にビクトリア風コロニアル様式の邸宅を建築。59年『鏡子の家』を発表するが文壇の評価は分かれ、挫折を味わう。一方、『宴のあと』をめぐるプライバシー裁判、『喜びの琴』文学座公演中止事件など世間を騒がせる話題に事欠かず、映画出演、写真集『薔薇刑』のモデルなど露悪的ともとれる行動でマスコミを湧かせた。晩年は民兵組織「楯の会」を作り右翼活動に傾倒。70年、自衛隊市谷駐屯地でクーデーターを煽る演説をした後割腹自殺した。『豊穣の海』第四部が遺作となる。

このアーティストの作品 全0件 0-0を表示

試聴 タイトル 出演者名 価格

ラジオデイズ注目キーワード

楽天会員IDで簡単決済!楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

ページの先頭へ

 の検索結果  

試聴 カテゴリ タイトル 出演者名 価格

ウインドウを閉じる