「ラジオデイズ」は声と語りのダウンロードサイトです。オリジナル収録の落語、朗読、対談を中心とした音声コンテンツをご提供しています。

ラジオデイズの歩き方
詳しく見る

HOME / アーティストプロフィール / 遠藤周作

アーティストプロフィール

現在:883

遠藤周作(えんどうしゅうさく)

遠藤周作(えんどうしゅうさく)

小説家

1923年、東京府北豊島郡で誕生。父の仕事のため満州で幼少時代を過ごす。帰国後、おばの影響で12歳でカトリックの洗礼を受ける。41年、上智大学予科時代、同人雑誌『上智』第1号に『形而上的神、宗教的神』を発表。同学を中退し慶應義塾大学文学部仏文科を卒業後、50年に渡仏。帰国後批評家として活動し、55年に発表した小説『白い人』で芥川賞受賞。57年、小説『海と毒薬』を発表し、翌年新潮文学賞、毎日出版文化賞を受賞。マルキ・ド・サド研究のため渡仏した翌60年、体調を崩し入院。手術を繰り返し、62年に退院。63年に転居した町田市玉川学園の家を「狐狸庵」と名づけ、「狐狸庵山人」の雅号を使って軽妙なエッセイを継続的に発表。66年『沈黙』で谷崎潤一郎賞受賞。以降、『イエスの生涯』(国際ダグ・ハマーショルド賞)、『キリストの誕生』(読売文学賞)、『侍』(野間文学賞)ほか、多くの小説で国際的な評価を受けた。93年、『深い河』を発表(95年映画化)。同年、腹膜透析の手術を行う。一時は回復したが、翌96年に死去。

このアーティストの作品 全1件 1-1を表示

試聴 タイトル 出演者名 価格

文藝春秋 文化講演会シリーズ

初夏の雑談

    遠藤周作
¥540

ラジオデイズ注目キーワード

楽天会員IDで簡単決済!楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

ページの先頭へ

 の検索結果  

試聴 カテゴリ タイトル 出演者名 価格

ウインドウを閉じる