「ラジオデイズ」は声と語りのダウンロードサイトです。オリジナル収録の落語、朗読、対談を中心とした音声コンテンツをご提供しています。

ラジオデイズの歩き方
詳しく見る

HOME / アーティストプロフィール / 山本裕康

アーティストプロフィール

現在:883

山本裕康(やまもとひろやす)

山本裕康(やまもとひろやす)

チェリスト

1987年、桐朋学園大学在学中、第56回日本音楽コンクール第1位入賞。88年、第1回淡路島国際室内楽コンクール第2位入賞。89年、桐朋学園大学を首席で卒業後、研究科及び室内楽研究科在学中、イタリア(キジアーナ音楽院)に渡る。91年、帰国後、第1回日本室内楽コンクールに優勝。同年東京都交響楽団の首席チェロ奏者に就任。94年自身の更なる追求の為、都響を辞す。その後、日本国内の殆どのオーケストラにゲスト首席奏者として招かれ、演奏活動において放浪に近い生活を送る。やがて広島交響楽団の客演ソロ・チェロ奏者として招かれる。97年「自身の音楽を最大限追求でき、その環境を与えてくれるオーケストラ」という理由から、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の首席チェロ奏者に就任、現在に至る。2008年「senza basso バッハ無伴奏チェロ組曲」をリリース。7月、石田泰尚氏(ヴァイオリン)とのDVD『Duo』が発売される。
室内楽やソロでの演奏活動も目覚ましく、宮崎国際音楽祭、木曽福島音楽祭、北九州音楽祭等の音楽祭や、ジャパン・チェンバー・オーケストラ、東京アンサンブル、鎌倉ゾリスデン等の奏者として欠く事の出来ないチェリストとして活躍。
さらに、国内のみならずカ ナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ポルトガル、イタリア、ドイツ、フィンランド、韓国などでの演奏活動でも好評を博している。
また、CM音楽、映画のサウンドトラックなど数々の録音にも携わる中、名古屋芸術大学非常勤講師として後進の指導にあたるなどその活動は幅広く、最近では作曲活動、エッセイの連載なども手掛けている。
2007年~2008年にかけては、全国20箇所においてバッハの無伴奏チェロ組曲全曲ツアーが展開された。
日本のみならず世界を股にかけた、日本の音楽界における次世代のリーダー的存在である。

photo:岐部淳一郎

このアーティストの作品 全3件 1-3を表示

試聴 タイトル 出演者名 価格

《朝カルArchive》

バッハ「無伴奏チェロ組曲」の宇宙(全巻セット)

    山本裕康
¥1,029

《朝カルArchive》

バッハ「無伴奏チェロ組曲」の宇宙(1/2)

    山本裕康
¥617

《朝カルArchive》

バッハ「無伴奏チェロ組曲」の宇宙(2/2)

    山本裕康
¥617

楽天会員IDで簡単決済!楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

ページの先頭へ

 の検索結果  

試聴 カテゴリ タイトル 出演者名 価格

ウインドウを閉じる