「ラジオデイズ」は声と語りのダウンロードサイトです。オリジナル収録の落語、朗読、対談を中心とした音声コンテンツをご提供しています。

ラジオデイズの歩き方
詳しく見る

HOME / 対談・講演 / 安田登の「古典から読む未来」第7回 (セット)

文芸 講演 語学・教育

隣町珈琲連続講座

安田登の「古典から読む未来」第7回 (セット)

安田登(能楽師) 山本貴光(文筆家・ゲーム作家)

価格:¥550

セット内容(単品の詳細・購入は商品名をクリック)

試聴 タイトル 価格

安田登の「古典から読む未来」第7回 (音源)

-

安田登の「古典から読む未来」第7回 (資料)

-

第7回 芭蕉と俳諧的生活

現代まで残され読まれつづけてきた「古典」作品に広く焦点を当て、そこから現代を生き抜く知恵や「未来」そのものを見通し、考え浮き彫りにしようという能楽師・安田登さんの意欲的講座です。
各回、古典のテーマに相応しい、スペシャルゲストをお迎えし、そのテーマについて深く広く考え能楽師・安田登さんと存分に語り合っていきます。
安田さんは今回の講座について、「現代の賢者たちと「古典」を読みながら「未来」を考えていこうという講座です。長い歴史の中で、消えて行った無数の文献。その中で現代まで生き残った奇跡的な「古典」。古典の中には万古不変の智慧が残されています。その智慧を賢者の目で探し出し、未來を読んでいきます。」とコメントされています。

第7回では『おくのほそ道』と『鶉衣(うずらごろも)』を取り上げます。
ゲストは文筆家・ゲーム作家の山本貴光さん。
フィクション的な要素も多いという松尾芭蕉の『おくのほそ道』
今回はゲーム作家の山本貴光をお迎えし「TRPG」という観点から読み解きます。
また本来ユーモラスな要素もある「俳諧」を俳文集『鶉衣(うずらごろも)』から取り上げます。

【安田登さんによる第7回講座へのコメント】
今回のテーマは松尾芭蕉と俳諧的生活です。芭蕉といえば『おくのほそ道』。本書は江戸から歩き始めて東北を廻り、そして大垣に至る長途の旅の記録ですが、しかしこれは純粋な意味での旅行記ではありません。フィクション的要素も多い。しかも本書は、芭蕉と一緒に「おくのほそ道」の旅を追体験しながら、さまざまな出来事と出会いながら、自分自身も変容していくというロールプレイング・ゲーム(TRPG)のゲーム・ブックです。そして、それを解くキューは「能」にある。前半では、ゲーム作家で著述家でもある山本貴光さんとともにTRPGとしての『おくのほそ道』を読み解きます。また、芭蕉は俳諧師。俳諧の「俳」はふたりでするお笑い、「諧」はみんなでするお笑い。俳諧師とはユーモアと「和」によって現実生活を読み直そうとする人たち。『おくのほそ道』の現実生活応用版です。そんな風に書かれた江戸時代の俳文集『鶉衣(うずらごろも)』を後半では読んでいきます。息が詰まる世の中。文学的なお笑いで読み直しましょう。

・TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)とは
・『おくのほそ道』をTRPGのルールブックとして遊ぶ
・『おくのほそ道』は芭蕉が生きている間に出版されなかった
・芭蕉の旅と能「梅枝」の関係
・『おくのほそ道』における芭蕉はTRPGのゲームマスターの位置だった
・『おくのほそ道』に書かれた五・七・五の句は俳句ではない
・TRPG『おくのほそ道』の最終目的は義経の鎮魂
・「那須」をTRPGとして実際に読む
・近年のTRPGがまた人気になっている/ゲームのルールを考えてみることについて
・実際に俳句を作ってみる/俳句の面白さは断絶
・鎮魂の旅からかろみの旅へ
・かつて夢は共有財産だった

などなど
ぜひお楽しみください!

※ 本音源は2023年5月11日に収録したものを編集しております。
※付属のPDFは音源と併せてご覧ください。
※一部音声に聞きづらい点がございます。あらかじめご了承ください。


携帯電話・スマートフォン(iPhone、Xperia等)、通信機能内蔵タブレット(iPad、GALAPAGOS等)、通信機能内蔵音楽プレーヤー(iPodTouch等)等へは「ダウンロード及び保存」はできません。お手数ですがパソコンでダウンロード後、お手持ちのデバイスへ同期頂き、お楽しみください。なお一部(聞く教科書・聞く聖書)DRM付きWMA音源がございますが、DRM対応の携帯音楽プレーヤー以外では再生できません。

まだレビューはありません

投稿する

安田登(やすだのぼる)

能楽師

1956年千葉県⽣まれ。下掛宝⽣流ワキ⽅能楽師。元ロルファー。
⾼校時代、⿇雀をきっかけに甲⾻⽂字と中国古代哲学への関⼼に⽬覚める。⾼校教師時代に能と出会う。ワキ⽅の重鎮、鏑⽊岑男師の謡に衝撃を受け、27歳で⼊⾨。
現在は、能楽師のワキ⽅として国内外を問わず活躍するかたわら、
『論語』などを学ぶ寺⼦屋「遊学塾」を東京を中⼼に全国各地で開催。⽇本と中国の古典の “⾝体性”を読み直す試みも継続。
能のメソッドを使った作品の創作、演出、出演も⾏なう。
隣町珈琲でも「論語と⾝体」「古事記から探る⽇本⼈の古層」シリーズなど連続講座を多数開催。

主な著作
『能に学ぶ身体技法』 (2005)
『身体感覚で「論語」を読みなおす。―古代中国の文字から』 (2009)
『身体能力を高める「和の所作」』 (2010)
『身体感覚で「芭蕉」を読みなおす。』(2012)
『体と心がラクになる「和」のウォーキング』(2012)
『不安や緊張を力に変える心身コントロール術』(2017)
『野の古典』(2020)
『見えないものを探す旅』(2021)
『三流のすすめ』(2021)
『古典を読んだら、悩みが消えた。』(2022)
『魔法のほね』(2022)
など多数。

このアーティストの作品(全59件)

試聴 タイトル 出演者名 価格

ラジオデイズ 連続セミナー

論語と身体 第一回 (全巻セット)

安田登 ¥550

ラジオデイズ 連続セミナー

論語と身体 第二回 (全巻セット)

安田登 ¥550

ラジオデイズ 連続セミナー

論語と身体 第三回 (全巻セット)

安田登 ¥550

ラジオデイズ 連続セミナー

論語と身体 第四回 (全巻セット)

安田登 ¥550

ラジオデイズ 連続セミナー

論語と身体 第五回 (全巻セット)

安田登 ¥550

一覧を見る

山本貴光(やまもとたかみつ)

文筆家・ゲーム作家

コーエーでのゲーム開発を経てフリーランス。著書に『マルジナリアでつかまえて』(全2巻、本の雑誌社)、『記憶のデザイン』(筑摩書房)、『文学問題(F+f)+』(幻戯書房)、『「百学連環」を読む』(三省堂)他。共著に『人文的、あまりに人文的』(吉川浩満と共著、筑摩書房)、『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎と、筑摩書房)他。現在、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院で哲学を担当中。

このアーティストの作品(全2件)

試聴 タイトル 出演者名 価格

隣町珈琲連続講座

安田登の「古典から読む未来」第1回 (セット)

  • 安田登
  • 山本貴光
¥550

隣町珈琲連続講座

安田登の「古典から読む未来」第7回 (セット)

  • 安田登
  • 山本貴光
¥550

一覧を見る

購入の流れ

STEP1
作品を選んでカートに入れる
STEP2
購入手続き・お支払い
STEP3
作品をDL入手する

作品の聞き方

パソコンで聞く

DLした音声ファイルは、ダブルクリックするとWindows media Player や iTunesなどの再生プレイヤーで再生されます。プレイヤーがインストールされていない場合は、下記より最新版を無料でDLすることができます。

iPod / Voice-Trec / Walkman / 携帯電話などで持ち歩く

iPod :
iTunesを利用します。詳しくは iTunesチュートリアル
オリンパス Voice-Trec :
Windows media Player を利用します。バージョン 9 はこちら / 11 はこちら
SONY Walkman :
SonicStageなどを利用します。詳しくは SONY サポート
携帯電話 :
機種により対応・操作方法が異なります。詳しくは各説明書をご覧ください。

この作品を購入する

価格:¥550

カートに入れる

お気に入りに追加

店長からのお知らせ

[対談・講演]

RSS

7月24日(金)
万葉の妻の娘たち
7月17日(金)
浮世絵は裏を読む

一覧を見る

ラジオデイズ注目キーワード

楽天会員IDで簡単決済!楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

ページの先頭へ

 の検索結果  

試聴 カテゴリ タイトル 出演者名 価格

ウインドウを閉じる