「ラジオデイズ」は声と語りのダウンロードサイトです。オリジナル収録の落語、朗読、対談を中心とした音声コンテンツをご提供しています。

ラジオデイズの歩き方
詳しく見る

HOME / 対談・講演 / 「こころカフェ」season3 第2回―いじめる・苛む―(全巻セット)

対話放談 趣味/癒し系 講演

名越康文の連続講座

「こころカフェ」season3 第2回―いじめる・苛む―(全巻セット)

名越康文(歌手・精神科医)

価格:¥838

セット内容(単品の詳細・購入は商品名をクリック)

試聴 タイトル 価格

「こころカフェ」season3 第2回―いじめ…

-

「こころカフェ」season3 第2回―いじめ…

-

〝いじめ〟は本能的なもの?

人間の深奥を探求する精神科医・名越康文先生の連続講座、season3です。

season1では、心の様相について理解を深めました。
season2では、心が作り出す様々な問題や闇(病み)と風景、メンタルヘルスの実際などを学んできました。
今期、わたしたちの心の偏り、認知の歪みを知ることによって
さらなる「心の取り扱い法」を身につけていきます。


第2回めのテーマは〝いじめる〟。心に巣食う攻撃性について。

〝いじめ〟の問題は根深い。この言葉を聞いただけでトラウマが吹き出す人もいるかもしれません。
名越先生にも少年時代にはいじめられた経験があります。
しかし、こころカフェでは、敢えて〝いじめられる〟ではなく〝いじめる〟を考えます。

「動物の世界にもイジメはある。嫉妬は、人間の一番古く原始的な感情で、喜びとか友情とか共感などの人間的に高い感状に較べたら〝妬み〟はレベルの低い感情なんです。そういう感情と〝いじめる〟という衝動は結びついているのが事実です」

誰の心にも巣食う〝いじめたい〟という部分を直視しようというわけです。
単純に「ストップ・いじめ!」と標語を唱えるだけでは本能は制御できません。
計算された〝いじめ〟も、じつは直観で採択されたものという驚愕の考察。

「〝いじめる〟ことが生命の暗い歴史のなかでは、生き残る戦術だったのかもしれない。本能はある種高度なプログラミングとも言えるわけで、イジメの衝動は同時にものすごい策略的なんやけど、その策略の道筋は直感的に閃いている。だから、怖い」

悪魔のような謀略が、ひとつの直観的かつ論理的な能力として価値づけられることの恐怖を、ここで認識しておきたい。
そこには人間的な喜びや楽しみが存在していないからです。


後半は、受講生からの気づきに満ちた質問に回答しています。

・集団心理で増幅するイジメの、その集団の中にいた場合どうすれば?
・異性間のいじめは恋愛の要素がある?自分のいじめのツボにハマる相手が……
・自分で自分をいじめることが好き、
・いじめる側の人間が能力的に高い場合、正気を保って競争から距離をおくには?



■これまでの「こころカフェ」season1、season2、season3のアーカイブは、こちらです。
http://www.radiodays.jp/series/show/43


★また、リアルカフェで開かれる心理学講座「こころカフェ」を
受講したい方は、こちらから申し込んでください。
http://www.radiodays.jp/community/show_event/140
season3 第3回、2012年11月20日(火)19時~です。


携帯電話・スマートフォン(iPhone、Xperia等)、通信機能内蔵タブレット(iPad、GALAPAGOS等)、通信機能内蔵音楽プレーヤー(iPodTouch等)等へは「ダウンロード及び保存」はできません。お手数ですがパソコンでダウンロード後、お手持ちのデバイスへ同期頂き、お楽しみください。なお一部(聞く教科書・聞く聖書)DRM付きWMA音源がございますが、DRM対応の携帯音楽プレーヤー以外では再生できません。

まだレビューはありません

投稿する

プロフィール

名越康文

歌手・精神科医

1960年、奈良県生まれ。大阪星光学院中学校・高等学校を経て、近畿大学医学部卒。

大阪府立中宮病院(当時)にて精神科緊急救急病棟の設立、責任者を経て、99年同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビのコメンテーター、雑誌連載、映画評論、漫画分析などさまざまなメディアで活動している。

専門は思春期精神医学、精神療法。2009年4月より、京都精華大学人文学部特任教授。

主な著書に『名越式!キャラわかり』(2005 宝島社)、『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(2010 角川SSC新書)、『14歳の子を持つ親たちへ』(内田樹氏と共著 2005 新潮社)、『現代人の祈り-呪いと祝い』(内田樹氏、釈徹宗氏と共著 2010年 サンガ)、『薄氷の踏み方』(甲野善紀氏と共著 PHP研究所 2008)などがある。

■公式メルマガ「夜間飛行」: http://yakan-hiko.com/

 
写真撮影:安部俊太郎(C)

[t] https://twitter.com/nakoshiyasufumi

このアーティストの作品(全49件)

試聴 タイトル 出演者名 価格

名越康文「ラジオの街で逢いましょうプラス1」

名越康文 ¥367

立川談笑の、

「極上男呑み!」第9号 with名越康文

  • 立川談笑
  • 東京タイツ
¥367

立川談笑の、

「極上男呑み!」第10号 with名越康文

  • 立川談笑
  • 東京タイツ
¥367

名越康文の連続講座

「こころカフェ」第1回-心の定義-

名越康文 ¥838

名越康文の連続講座

「こころカフェ」第2回―不安の正体―

名越康文 ¥838

一覧を見る

購入の流れ

STEP1
作品を選んでカートに入れる
STEP2
購入手続き・お支払い
STEP3
作品をDL入手する

作品の聞き方

パソコンで聞く

DLした音声ファイルは、ダブルクリックするとWindows media Player や iTunesなどの再生プレイヤーで再生されます。プレイヤーがインストールされていない場合は、下記より最新版を無料でDLすることができます。

iPod / Voice-Trec / Walkman / 携帯電話などで持ち歩く

iPod :
iTunesを利用します。詳しくは iTunesチュートリアル
オリンパス Voice-Trec :
Windows media Player を利用します。バージョン 9 はこちら / 11 はこちら
SONY Walkman :
SonicStageなどを利用します。詳しくは SONY サポート
携帯電話 :
機種により対応・操作方法が異なります。詳しくは各説明書をご覧ください。

この作品を購入する

価格:¥838

カートに入れる

お気に入りに追加

店長からのお知らせ

[対談・講演]

RSS

7月24日(金)
万葉の妻の娘たち
7月17日(金)
浮世絵は裏を読む

一覧を見る

楽天会員IDで簡単決済!楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

ページの先頭へ

 の検索結果  

試聴 カテゴリ タイトル 出演者名 価格

ウインドウを閉じる